コラム

悩み

M字ハゲの進行度チェック!生え際の後退を把握する方法と薄毛対策

M字ハゲ

普段鏡を見ていると、「ん!?なんだか生え際が微妙に薄くなってきていない?」と感じることはありませんか。俗に「M字ハゲ」と呼ばれるように、日本人は額の左右から薄毛が進行していく男性型脱毛症(AGA)を発症するケースが少なくありません。とは言え、毎日額の生え際に目印を付けているわけではないので、たとえば1年前の生え際と今の生え際を比較することなどできません。

じわじわと薄毛が進行すると、「いつの間にか…」ということになってしまいます。「生え際の後退がどの程度進んでいるのか」をある程度把握できる方法をご紹介しますので、薄毛が気になっている男性はぜひチェックしてみてください。


「生え際の後退」を把握してM字ハゲの進行度をチェック!

M字ハゲの進行度

自分がM字ハゲに近づいているのかどうかを知るためには、額の左右(剃り込み部分)の生え際がどの程度後退しているかを把握すると良いでしょう。そのためには、「頭皮と額の境目」を確認する必要があります。


眉を持ち上げたときにできる「シワエリア」が頭皮と額の境界線?

欧米諸国の方々は私たちと比較して表情筋による感情表現が豊かですが、彼らが良くやるように瞳を大きく見開き、眉をくいっと上に持ち上げてみましょう。すると、誰でもおでこ部分にいくつかのシワができると思います。この時に出る「一番上のシワ」が額の上限位置で、全くシワができていないエリアが頭皮の始まりだと判断できます。

あまり眉を持ち上げない日本人の場合には、シワの寄る位置が頭皮の始まりから微妙に下になるケースもありますので、できるだけ精一杯眉を持ち上げてシワを作ろうと意識してみると良いでしょう。この方法で概ね「頭皮と額の境界線」を把握できます。

生え際の後退を確認する方法

しっかりと瞳を見開き、眉をできるだけ上に持ち上げる
(欧米諸国の方々が驚いたときにやるような眉の動きを意識する)

  • 一番上にできたシワの位置が額の上限位置である → ここまでは毛髪は生えない
  • シワが全くできなくなる位置が頭皮の始まりである → この辺りから毛髪が生え始めるはずである

M字ハゲの定義はないが…

M字ハゲとは、頭を頭上から見たとき、あるいはお顔を正面から見たときに剃り込みのように生え際が後退し、ちょうどM字のような形で薄毛が進行している際に使われる表現です。明確な定義などありませんが、上述の方法で額の左右の生え際が指2本分ほど後退していれば、M字ハゲに向けた薄毛進行が始まっている可能性があると言えるでしょう。

なお、日本人に多く見られる薄毛症状は、額の左右の生え際から後退していくM字タイプのほか、頭頂部のつむじ部分から薄くなるO字タイプ、額の前頭部から平均的に後退していくU(A)字タイプ、またM字+O字、U(A)字+O字などの複合タイプが考えられます。中でも額の左右が後退していくM字タイプはご自分でも薄毛の進行を把握しやすいものになりますので、上記の方法で男性型脱毛症(AGA)が進行し始めていないかチェックしてみると良いでしょう。


男性型脱毛症(AGA)対策…生活習慣の改善だけでは弱い?

男性型脱毛症(AGA)対策

髪の成長は、食生活や睡眠習慣、普段のストレス状況や喫煙、運動の有無や洗髪の仕方など様々な影響を受けます。マイナス要因が複合的に絡み合うと髪は育ちにくくなり、抜け毛の量も増えてしまいます。「なんだか抜け毛が増えてきたな…」と感じた際は、まず次のような点を意識していただき、髪にとってのマイナス要因をできるだけ取り除くようにご調整ください。

毛髪の成長を妨げないために意識したいこと

  • 暴飲暴食やダイエットは避け、偏りのない食生活を心掛ける
  • しっかりと熟睡できる環境を整え、規則正しいリズムで十分な睡眠時間を確保する
  • ストレスを貯めこんでしまわないように、趣味や解消法を確立する
  • できるだけ喫煙習慣を遠ざける(どうしても吸いたい場合は本数を減らす努力をする)
  • 適度な運動を心掛け、血流を含めた循環機能に滞りが生じないようにする
  • アミノ酸や無添加などの低刺激シャンプーを選び、必要以上に洗いすぎない

本質的には遺伝傾向なので、お薬での対処が正解!

上記のものは、今持っている発毛力を損なわないために考えるべき内容です。しかしながら、前項のM字ハゲのような薄毛進行が既に始まっている場合には、このような生活習慣の見直しだけでは薄毛は改善していきません。男性型脱毛症(AGA)が認められる場合には、既に遺伝傾向として発毛を阻害するメカニズムができあがっているからです。


AGAは、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成によりもたらされる…

ジヒドロテストステロン(DHT)の生成

私たちの毛髪や体毛は、「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンの影響を受けて成長します。男性の場合、テストステロンは約95%が精巣(睾丸)で作られ、血流にのって体内を巡りますが、髪の生え際である前頭部や頭頂部には「5αリダクターゼ」と呼ばれる還元酵素が存在しています。

この「5αリダクターゼ」は本来髪の成長を促すはずの「テストステロン」を、髪の成長を阻害する「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変えてしまい発毛力を弱体化させてしまう可能性を帯びています。「5αリダクターゼ」の量については遺伝的な傾向なので、多く持って生まれた男性はどうしても相対的にジヒドロテストステロン(DHT)を多く生成してしまいます。

また、毛の生成工場である毛乳頭には「アンドロゲンレセプター」が存在し、テストステロンやジヒドロテストステロンなどの男性ホルモンと結びつきやすいかどうか(各種男性ホルモンの影響を受けやすいかどうか)が遺伝傾向に決まってきます。つまり、簡単に言うと、以下の2つの要因が遺伝的に受け継がれていると、たとえ1つであっても受け継がれていない人と比較すると薄毛になりやすいということになります。

AGAを発症する2つの遺伝的薄毛要因

  • 前頭部や頭頂部に存在する「5αリダクターゼ」の量が多い→ 悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が生成されやすい
  • 毛乳頭に存在する「アンドロゲンレセプター」の感受性が高い→ 悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の影響を受けやすい

上記のような遺伝傾向を帯びていると、DHTの作用が強く発現してしまい、髪がすくすく育つはずの成長期が短縮されて毛髪が軟毛化してしまいます。「生え際の後退」や「頭皮が透けて見え始める」という作用の内部ではこのような薄毛メカニズムが働いていますので、生活習慣を整えても「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑えない限り薄毛進行を遮断することはできません。


フィナステリドが「テストステロン」と「5αリダクターゼ」の結合を抑制!

「フィナステリド」は、「テストステロン」と「5αリダクターゼ」の結合を抑制する作用があると認められています。決まった量を長期的に服用していくことでDHTの産生量が抑制されていきますので、毛髪の軟毛化を食い止めることができます。

フィナステリドのみでもある程度薄毛症状が改善していくと判断できますが、当院の場合はよりはっきりと効果を出すために「ミノキシジル」についても併用していただくことをおススメしています。ミノキシジルは、簡単に言うと「血管拡張作用」をもたらすものであり、毛細血管の血流が良くなることで髪に栄養を届けやすくする効果があります。

薄毛作用を抑制し、発毛力を強化する「お薬によるAGA対策」

「フィナステリド」を服用

テストステロンと5αリダクターゼの結合を抑制 → DHTの産生量が減少し髪の軟毛化をストップ

「ミノキシジル」を服用

血管の拡張作用を受けて毛細血管の血流が改善 → 髪への栄養供給が促進され発毛力が強化

「フィナステリド」で薄毛因子を遮断し、「ミノキシジル」で発毛作用を促進するのが当院のおススメするダブル作用によるAGA対策です。もちろん、薄毛症状はAGAだけではございませんので、各患者さまの症状を診察させていただいた上で適切なお薬投与を実施しています。繰り返しになりますが、男性型脱毛症(AGA)のような薄毛症状は放置していても改善することはありません。気になり始めた場合はできるだけお早めにご相談ください。


「無料カウンセリング」でお待ちしています

当院は、随時「無料カウンセリング」にてお悩みをお伺いしています。治療の実施は患者さまの判断ですので、一度話を聞いてみたいというだけでも結構です。お悩み相談の段階では費用負担は発生しませんので、どうぞお気軽に「無料カウンセリング」をご活用ください。皆さまのご相談をお待ちしています。