コラム

知識

育毛サロンと発毛クリニックの違い。薄毛に効くのはどっち?

選択

「育毛サロン」と「発毛クリニック」は、軽く耳にした限りでは似通った印象を与える言葉だと思います。普段から薄毛に悩んでいる方ならその違いを正しく認識されているかもしれませんが、「最近ちょっと抜け毛が気になり出してきた…」というレベルであれば、どちらに行っても同様の結果が得られるのだろうとお感じかもしれません。

ところが、実際の処置内容については全く異なったものとなっており、期待される効果についてもかなりの差があります。具体的に何がどう違うのか、当コラムでご確認ください。


育毛サロンと発毛クリニックは、何がどう違うの?

違い

一般的に日本語での「サロン」とは、エステティックサロンを略した言葉となっており、美容や痩身、脱毛や美白ケアなど提供するお店のことを指します(ヘアサロンを意味する美容院を指しているケースもありますが、この場合はサロンとは略さずヘアサロンと言うのが普通です)。

いずれにしても、「美容サービス」については医学的な治療ではないため、その効果のほどは不明瞭だという点を押さえておく必要があります。「育毛サロン」ということであれば「頭皮ケア」を軸とした処置が施されますが、これを受けたからと言って発毛力が回復するかどうかはかなり懐疑的だとお考えください。

一方、「発毛クリニック」については医学的に発毛をサポートしている医療機関のことを意味します。総合病院というよりは、専門的な処置や治療に特化した施設となっており、特に「脱毛施術」や「発毛治療」などの美容医療に関するものを取り扱う場合が多いです。クリニックには国家資格を有する医師が在籍しておりますので、お薬の処方なども可能となり、医学的な治療が提供されています。

  • サロン…エステティックサロンのことを指し、美容全般の処置を施している
    ※あくまでも美容サービスであり、治療ではない(効果についてはよくわからない)
  • クリニック…医療機関であり、特に美容医療の領域で専門的な治療を施している
    ※医師が在籍し、医学的な治療や処置、お薬の処方などが行なわれている
    (医学的に有効性が確認された治療なので、ある程度高い効果が期待できる)

育毛サロンは頭皮ケア(頭皮洗浄)のサポートにすぎない…

頭皮ケア

育毛サロンの提供している美容サービスは、あくまでも頭皮ケアをサポートするものに過ぎません。頭皮をキレイにして血行を良くすることは、髪の成長の下地を作るという意味で重要ですが、これだけでは発毛力を回復するには不十分です。特に「男性型脱毛症(AGA)」のような薄毛進行が始まっている患者さまの場合には、内部に発毛力を弱体化させてしまうメカニズムが働いているため、外から「小手先の頭皮ケア」を行なったところで、あまり効果は期待できないだろうと思われます。


「頭皮をキレイにしたい!」という目的には合致

普段自分では行き届かない頭皮ケアや頭皮マッサージなどを受けておくことはもちろん良いことです。血行が良くなってスッキリした感覚を味わえますし、毛細血管を通じた髪への栄養供給を一定程度サポートできるのも確かです。しかしながら、頭皮洗浄はあくまでも「丁寧な洗髪」の域を出ません。

「育毛シャンプー」や「育毛ローション」といったものが使われていた場合も、含まれている成分はクリニックの提供している内服治療薬と比較して僅かなものに過ぎませんので、発毛力の回復を図るには不十分です。元々、提供されているものが「美容サービス」であって「医療サービス」ではございませんので、目的に合わせて選択することが大切になります。


発毛クリニックでは、医学的に有効な治療が受けられる!

医学

AGA治療などの「薄毛治療専門クリニック」では、主な治療法として「内服治療薬の提供」が実施されています。医学的に有効な成分がしっかりと配合されたものになっており、お薬の品質についても医療機関としての信頼性が担保されています。また、最近では頭皮に直接有効な成分を注入する「AGAメソセラピー」といった最先端治療を行なっているクリニックもあります。


内服治療

薄毛治療専門クリニックでは、きめ細かな診察を通して各患者さまの薄毛症状に有効なお薬が提供されます。AGAの場合には、悪玉男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン(DHT)」の産出を抑えられるようなお薬も存在しており、これを服用する形で乱れてしまったヘアサイクルを回復していくことができます。

また、生活習慣に関するアドバイスも受けられますので、自分では見落としがちな習慣について改善するきっかけを得ることも可能です。では、ここで簡単にAGAのメカニズムを確認しておきましょう。


AGAの発動プロセス(メカニズム)

  • 1. 睾丸で作られた「男性ホルモン(テストステロン)」が血流にのって体内を巡る
  • 2. 男性ホルモン(テストステロン)が頭皮の毛細血管(特に前頭部や頭頂部)に巡ってきたとき、「5αリダクターゼ」と呼ばれる還元酵素と結びついてしまう
  • 3. 発毛力を強化するはずの「男性ホルモン(テストステロン)」が発毛力を弱体化させる悪玉の男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」へと変換されてしまう
  • 4. 毛乳頭付近に存在する「アンドロゲンレセプター」がDHTと結合してしまうことで、薄毛化因子が産出される
  • 5. 髪1本1本が持つヘアサイクルが乱れて、本来通り髪が成長できずに軟毛化してしまう
    ・通常のヘアサイクル:成長期(2年~6年)→退行期(2週間)→休止期(3~4ヵ月)
    ・ AGAのヘアサイクル:成長期(数ヵ月~1年)→退行期(2週間)→休止期(3~4ヵ月)
  • 6. 前頭部や頭頂部に生える髪が細く弱々しくなってしまい、抜け毛が増えて薄毛症状が顕著になってくる

薄毛化を促す最初のきっかけは、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる悪玉の男性ホルモンの誕生です。これは生まれ持って受け継いだ「5αリダクターゼ」の量が関係しており、「5αリダクターゼ」が多いと必然的にジヒドロテストステロン(DHT)の産出量も増えてしまいます。AGA治療薬にはいくつかの種類がございますが、その中には「男性ホルモン(テストステロン)」と「5αリダクターゼ」の結びつきを抑制できる「フィナステリド」と呼ばれるお薬がございます。

「男性ホルモン(テストステロン)」と「5αリダクターゼ」の結合がブロックできればDHTが産出されにくくなりますので、毛根組織が攻撃を受けるのを抑制できます。このように、薄毛治療専門クリニックの場合には「医学的に有効な処置」をご提供していますので、育毛サロンのような表面的な処置をはるかに上回る効果が期待できます。


AGAメソセラピー

AGAメソセラピーとは、AGAの最先端治療です。直接的に有効な成分を頭皮に注入するものになるため、内服治療と比べて「目に見える効果が早い、大きい」という特徴があります。「グロースファクター(成長因子)」と呼ばれるものの中には、内服治療で用いられる成分を中心として髪の成長に有効な成分が適切な割合で配合されています。


頭皮への注入ってどうやるの??

グロースファクター(成長因子)の注入には、ローラー上の注射器を使用します。非常に細かな針になっているため、実質的にほとんど痛みを感じない構造となっています。


注意点は?

AGAメソセラピーは頭皮への直接的な成分注入になりますので、効果の持続性はやはり弱くなってしまいます。効果のご実感までは早くなっているものの、一回の処置で永続的に作用するようなものではないため定期的な処置を考えておく必要があります(ただし、結婚式の披露宴など、目前に迫った一大イベントに焦点を合わせたような使い方をすることも可能です)。


当院は「内服治療」と「メソセラピー」で確かな実績を上げています!

治療

当院は、薄毛治療専門のクリニックとしてこれまで多くの患者さまの薄毛治療に携わってまいりました。男性型脱毛症(AGA)だけでなく、女性特有の女性男性型脱毛症(FAGA)にも対応しており、専門家目線で各患者さまの薄毛症状に最適なソリューションをご提案しております。

お薬の処方による「内服治療」はもちろんのこと、先にも少しご紹介した「AGAメソセラピー」と呼ばれる最先端の治療法についてもご提供可能ですので、どうぞお気軽にご相談ください。


随時「無料カウンセリング」実施中

当院では、薄毛や抜け毛のお悩みをお持ちの患者さまに当院の治療法や発毛プログラムをご紹介する「無料カウンセリング」を実施しています。どなたでも無料でご参加いただけるものになっていますので、お気軽にご予約をお取りください。スタッフ一同、皆さまのご来院をお待ちしております。