コラム

知識

AGA治療薬の個人輸入&輸入代行業者。とっても怖い安さリスク

輸入

薄毛お悩みをお持ちの男性で「AGA治療」に興味を持っている方の中には「個人輸入」や「輸入代行業者」について関心をお持ちの場合もあると思います。「安さ」が注目を集める理由に他なりませんが、何気なく「安いお薬」に手を出してしまうと予期せぬトラブルに見舞われてしまう可能性もあります。個人輸入や輸入代行業者を通じたお薬の入手リスクについて解説いたします。


お薬の個人輸入や輸入代行業者は危険!?

お薬

社会がグローバル化してインターネットが日常生活に深く浸透している現代においては、「AGA治療薬」を個人輸入したり輸入代行業者から入手するという手段も考えられます。メリットは端的に「安い!」ということですが、安く手に入るということは「相応のリスクを負うこと」を意味します。当コラムでは、個人輸入や輸入代行業者を介したお薬の入手リスクについてご説明いたします。


品質面でのリスク(偽装品を手にしてしまう可能性…)

薬品の個人輸入で何よりも意識したいのが、偽装品や粗悪品を手にしてしまう可能性です。治療薬には家電製品のような外見上の品質や特徴がほとんどないため、届いたものを服用して効果が現れるかどうかを試してみる以外にそれを検証する術がありません。成分量が不十分なものであったり別のよくわからない成分が含まれていても、一般ユーザーの立場ではまずそれを指摘できません。

取引上非常に不利な条件下でお金を支払うということになっており、これが「安さの理由」になっています。性善説と性悪説どちらをベースに考えるかは人それぞれですが、卑怯な手段を使って利益を上げる人は必ず一定程度存在しますので、特に健康被害に繋がるようなリスクのあるお薬については信頼できる医療機関(クリニック)を介するようにしましょう。


服用適正へのリスク(自分に合っているのかがわからない…)

AGA治療薬は大きく2つの方面に作用します。一つは薄毛遺伝子とさえ呼ばれる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の産出を抑えるもの、そしてもう一つは「血管拡張作用」を軸として主に血流面から頭皮環境を改善し発毛を後押しするものです。

AGA治療薬の2つの中心的作用(成分による違い)

  • フィナステリドと呼ばれる成分が配合されたもの
    → ジヒドロテストステロン(DHT)の産出量を抑えて、ヘアサイクルを正常化する
  • ミノキシジルと呼ばれる成分が配合されたもの
    → 血管拡張作用を利用して、頭皮の血行を改善し髪の栄養共有をサポートする

お薬の種類によって、中心的作用が「DHTの抑制」なのか「血管拡張」なのかで分かれ、薄毛症状によっては合っていない方を服用してもあまり効果が得られない場合が考えられます。「どの薬をどの程度服用するのが最適なのか?」は専門家である医師の判断を仰ぐべきものです。最大効果を狙ったつもりの早期服用が「不適切な努力」に終わってしまう可能性もありますので、医師の診察のもとで適切に服用するように心がけてください。


副作用へのリスク(何かあっても適切なサポートが受けられない…)

お薬として認定されている医薬品については、治療効果と共に一定の副作用が認められるのが通常です。このため、お薬の処方や治療の開始にあたっては、それを扱う側(主に医師)が事前に客観的な情報を提供するという「インフォームドコンセント」が不可欠だと言われています。

ところが、個人輸入や輸入代行業者の扱う「治療薬」を手にした場合は、適切な用法や容量でさえ良くわからないままに服用をスタートせざるを得ません。仮に信ぴょう性の高いwebサイトの情報に沿って服用を開始しても、何かあった場合にはそこに問い合わせることもできません。


何の成分によってどうなったのかがわからない…

そもそも、そのお薬の成分自体に疑問符が付くような状況ですので、予期せぬ症状に見舞われて一般の病院を訪れても、その副作用に対してどういう処置(治療)が適切なのか判断しにくいという側面があります。現実的には今の症状からお薬の成分などを予想し、それをベースに無難な治療法を選択していくということになるでしょう…。この場合、適切な処置が遅れてしまうことも考えられます。


取り扱い上の注意点が欠落してしまう可能性も…

たとえば「プロペシア(成分名:フィナステリド)」と呼ばれる製品については、妊娠中の女性が服用できないだけでなく、皮膚吸収されてしまう観点から錠剤に触れることも注意しなければなりません。厚生労働省のwebページでも次のように案内されており、取り扱う上で非常に注意を要するものであることがわかります。

プロペシアと妊娠に関する警告

妊娠中か、その可能性のある女性は
-絶対にプロペシアを使用してはいけません。
-砕けたり割れたりしたプロペシアの錠剤をさわってはいけません。

男の子を妊娠している女性の体内にプロペシアの有効成分が入ると、それが口から入った場合であっても、皮膚に付着して吸収された場合であっても、男の子の生殖器に異常を起こすおそれがあります。妊娠中の女性がプロペシアの有効成分に触れてしまった時には、医師に相談して下さい。プロペシアの錠剤はコーティングされていますので、砕けたり割れたりしない限り、通常の取扱いで有効成分に触れることはありません。

出典:厚生労働省 「プロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起について

自分は男だから関係ないと考えていても、奥様が何も知らないまま触れてしまう可能性なども考えられます。このような医学的知識を個人レベルでもしっかりとフォローできていれば良いのですが、気軽に安価なものを入手していると必要な情報が丸ごと欠落してしまい、大切な家族に被害が及んでしまうケースもあります。健康被害に遭ってからでは取り返しがつかないこともございますので、安易に「表面的な安さ」に目を奪われてしまわないようにご注意ください。


AGA治療薬はクリニックで処方してもらおう!

クリニック

一昔前までは「薄毛のお悩み」と言うとあまり大々的に取り扱われず、相談する側も「誰にも見つからないように…」といった具合に完全武装で訪れるような側面がありました。現在でも「AGA治療を受けている!」と公言する男性は少ないかと思いますが、治療薬の効果が広く知れ渡るようになったためか、気心の知れた友人同士で治療をスタートするようなケースもあります。

首都圏だけでなく、全国展開している男性型脱毛症(AGA)の専門機関も増えてきており、無理なく通える範囲で薄毛対策ができるようになってきました。このようなことから、わざわざ前述したようなリスクを負って個人輸入や輸入代行業者の「怪しい治療薬」を試す必要はないと言えるでしょう。インターネット上の口コミでさえ誘導されることのある時代ですので、しっかりとした医療機関にて治療薬をお求めください。


クリニックなら「服用前のチェック」&「服用後のケア」があるから安心

クリニックでお薬を処方してもらう場合には次のようなメリットが考えられます。

クリニック(医療機関)でAGA治療薬を処方してもらうメリット

  • 厳格な品質基準をクリアしたAGA治療薬が処方される
  • 適切なカウンセリングのもと自分に合った量と薬が処方され、注意点についても事前確認できる
  • 予期せぬ副作用や想定内の副作用などでも、不安が生じた際に直ぐに相談できる
  • 効果の現れ方に対する相談や疑問などにも答えてくれる

専門のクリニックでAGA治療薬を処方してもらう場合は「治療薬そのものの品質確保」以外にも「治療全般に関わるサポート」が受けられます。「ただの毛髪のお薬」と安易に考えていても、よくわからない成分が含まれていた場合には重篤な健康被害に見舞われる可能性があります。

ぜひ「服用前のチェック」と「服用後のケア」が行き届いた当院のようなAGA治療機関にご相談ください。随時「無料カウンセリング」を実施していますので、お気軽にご活用いただけますと幸いです。